ボートライセンスオフィシャルサイト

JMRA

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会 小型船舶操縦士試験機関 操縦免許証更新講習機関

文字サイズ

よくある質問

試験:身体検査について

身体検査証明書は、どういった病院で書いてもらえばいいのですか?

本邦に在住する医師(歯科医を除く)のご証明であればいずれも有効です。

更新講習で身体検査を受けましたが、試験で身体検査を受ける必要はないでしょうか?

身体検査の受験が必要となります。更新と試験とでは身体検査の判定に関する諸条件が異なります。

二級の免許を持っています。一級に進級する場合、身体検査の色覚検査は受ける必要はないのですか?

受ける必要はありません。免許受有者は、身体検査項目の内、色覚検査が省略となります。

健康診断を受けて発行された健康診断証明書を試験の身体検査証明書として利用できますか?

誠に恐れ入りますが、お使い頂けません。事前に身体検査に関する書類を提出する場合は、指定様式の「小型船舶操縦士身体検査証明書」に限られます。(※医師による6月以内の証明のもの)

色覚に関して不安があります。試験に合格できるのでしょうか?

弊会の各事務所では身体適性相談コーナーを設置し、身体検査に関する相談を受け付けています。まずは、お近くの事務所にお電話でお問い合わせ下さい。

聴覚に不安があるのですが、免許を取得することができますか?

小型船舶操縦士免許を取得するためには身体検査に合格する必要があります。身体検査項目の一つである聴力に不安のある方には、事前に幣会事務所で汽笛音検査などを受けていただいております。

まずは、最寄りの事務所に「聴力の基準に不安がある」旨などをFAXでご連絡していただければと思います。

  • 全国のボートスクール
  • 全国の申請代行業者
  • 遊漁船業務主任者講習
  • 船の文化検定 ふね検
  • 試験の申込方法
  • 免許の更新・失効申込方法
  • 身体適性相談コーナー
  • 各種販売
  • 登録教習所へのお知らせ
  • 海上特殊無線技士養成講習会(横浜)
  • 採用情報
  • 日本海洋レジャー安全・振興協会の事業紹介
  • BAN
  • DAN JAPAN
  • 海の駅

Page Top