ボートライセンスオフィシャルサイト

JMRA

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会 小型船舶操縦士試験機関 操縦免許証更新講習機関

文字サイズ

よくある質問

試験:免許について

一級の免許証を持っていれば、海外まで航行することは可能ですか?

帆船以外の小型船舶では、100海里を越える場合は、海技士(機関)有資格者の同乗(船長が兼任は不可)が必要です。また、船舶の航行区域も条件を満たしている必要があります。

試験を受けてから免許証が手に入るまでどれくらいかかりますか?

受験後およそ1~2週間程度ですが、試験日や免許申請の方法等で変わります。

水上オートバイに一級や二級の免許で乗ることが出来ますか?

一級や二級の免許で水上オートバイに船長として乗船することはできません。水上オートバイに船長として乗船するには特殊小型船舶操縦士の免許が必要となります。

一級小型船舶操縦士と二級小型船舶操縦士の免許の違いは何ですか?

操縦できるボートの大きさは変わりありませんが、操縦できる水域に違いがあります。一級は航行区域は無制限で、二級は平水区域及び海岸から5海里(約9km)となります。

小型船舶操縦士の免許が無くても操縦できる船はありますか?

(1)推進用エンジンが付いていない手漕ぎボート(2)推進用エンジンが付いていない総トン数5トン未満のヨット(3)ボートの長さが3メートル未満で、推進用エンジンが出力1.5kw未満のエレキモータ搭載の船となります。

特定操縦免許を取得するためにはどのようにすればいいですか?

特定操縦免許を取得するには、海難発生時における措置・救命設備の取扱等に関する「小型旅客安全講習」を受講する必要があります。※JMRAでは小型旅客安全講習を実施しておりません。

※平成15年5月31日以前に小型船舶操縦士を取得された方は、特定操縦免許も取得済みの資格となっています。

日本の小型船舶操縦士免許で海外でボートを操縦することができますか?

小型船舶免許については国際的な取り決めが無く、各国独自の免許制度になっており、免許制度そのものの存在がない場合もあります。したがって日本で取得した免許(一級、二級及び特殊)を海外で使用、又は海外で取得した免許を日本で使用することは基本的にできません。(ヨットレース等で特例を認める場合があります。)詳しくは、関係国の大使館等にお問い合わせください。

  • 全国のボートスクール
  • 全国の申請代行業者
  • 遊漁船業務主任者講習
  • ボート免許早わかり講座
  • FS遊漁船業務主任者講習
  • 船の文化検定 ふね検
  • 試験の申込方法
  • 免許の更新・失効申込方法
  • 身体適性相談コーナー
  • 各種販売
  • 登録教習所へのお知らせ
  • 海上特殊無線技士養成講習会(横浜)
  • 採用情報
  • 日本海洋レジャー安全・振興協会の事業紹介
  • BAN
  • DAN JAPAN
  • 海の駅

Page Top