ボートライセンスオフィシャルサイト

JMRA

一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会 小型船舶操縦士試験機関 操縦免許証更新講習機関

文字サイズ

よくある質問

身体検査について

病気をして声が出なくなりました。他、身体は大丈夫です。試験は受けられるのでしょうか?

ご安心ください。聴力に異常が無ければ、発声できる・できないは問いません。

身体検査を受けた結果、不適性な部分があり更新講習や失効再交付講習を受けられない事になった場合、受講料の返却はあるのでしょうか?

身体検査に不合格となった場合は、講習の受講料を返金いたします。ただし、通常は講習会場に現金を用意しておりませんので、後日の返金となります。

その際の、ご指定場所への返金にかかる振込み手数料等費用は、受講者のご負担となります。

失効再交付講習の身体検査は受講会場で受けられますか?

身体検査は講習会場で受検可能です。(講習会場で身体検査証明書(指定様式)を発行します)

更新講習で身体検査を受けましたが、試験で身体検査を受ける必要はないでしょうか?

身体検査の受験が必要となります。更新と試験とでは身体検査の判定に関する諸条件が異なります。

健康診断を受けて発行された健康診断証明書を試験の身体検査証明書として利用できますか?

誠に恐れ入りますが、お使い頂けません。事前に身体検査に関する書類を提出する場合は、指定様式の「小型船舶操縦士身体検査証明書」に限られます。(※医師による6月以内の証明のもの)

身体検査を受けた結果、不適性な部分があり更新講習や失効再交付講習を受けられない事になった場合、受講料の返却はあるのでしょうか?

身体検査に不合格となった場合は、講習の受講料を返金いたします。ただし、通常は講習会場に現金を用意しておりませんので、後日の返金となります。その際の、ご指定場所への返金にかかる振込み手数料等費用は、受講者のご負担となります。

  • 全国のボートスクール
  • 全国の申請代行業者
  • 遊漁船業務主任者講習
  • ボート免許早わかり講座
  • FS遊漁船業務主任者講習
  • 船の文化検定 ふね検
  • 試験の申込方法
  • 免許の更新・失効申込方法
  • 身体適性相談コーナー
  • 各種販売
  • 登録教習所へのお知らせ
  • 海上特殊無線技士養成講習会(横浜)
  • 採用情報
  • 日本海洋レジャー安全・振興協会の事業紹介
  • BAN
  • DAN JAPAN
  • 海の駅

Page Top